真面目に仕事してるのをアピールするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脳の使い方

今日は少し『脳』についてお話させていただいてもよろしいでしょうか?








いきなり何?ってお思いでしょうが







最近『脳科学』として巷で話題になっていますよね?








お客さまとの話題でもちょこちょこ『脳科学』というキーワードが出るようになってきましたので








分かりやすさを心がけて






簡単そうなのから書いていきたいと思います






一応言っておきますが 信じるも信じないもあなた次第という事でよろしくお願いします








まず







『脳の使い方について』






人は、日々頭の中で繰り返される『言葉』というのは







一日に約六万回以上になると言われておりますが






今回はその『言葉』の大切さについて触れたいと思います







脳というのは、口に出した言葉は勿論の事、頭の中で呟いた言葉でもその指令に従うように脳はできているという事





なので 無意識に




「疲れた~」とか




「嫌だなぁ~」とか





声にしていなくても脳は




「そうかそうか、疲れた感じをもっと表現しなくては」




「嫌だなぁ~という感じを表現しなくては」





と、『素直に』働き 余計に疲れる身体となり、老けていってしまうそうなんです





このような時は




声に出さずとも





「楽しいな~」って言って楽しい演技をしていれば良いのだそうです(笑





そのようにしていると体は『疲れない身体』として働き





若くいられるそうです






これなら簡単に出来そうじゃないですか?








それが例えしていることが楽しくなくとも、そのようにしていると『脳』は勝手に楽しい面を探すのだそうです










…と







このように





脳というのは、我々が思っているより物凄い力を備えていて






これはほんの序章に過ぎず







この他にも




『自分の性格を変える術』




とか





『ドM幸福論』っていう話があるんですが






それはまたネタ切れになったときに出そうかと…(笑








にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

お?!
[ 2012/12/24 22:25 ] 頭の中 | TB(0) | CM(0)

進研ゼミと美容師の関係

確かにそうかもしれない…





『自分の欠点を補おうとする努力』よりも






『ありのままの自分で問題ないというスタンスでの努力』の方が






長期的に見ると結果に大きな差が出るような気がする







…と、のっけから勝手に一人で呟いておりますが








また明日からサロンワークが始まるわけですけれども












やはり今年もあと僅かとなったからなのか分かりませんが






ここ最近、異様に自分自身の 『スキルアップ』に意識が向いてしまいます






『スキルアップ』ついでにで思い出したのですが






それこそ、昔の話ですが、自分が学生だった頃、数学?算数?が非常に苦手だった訳でございます






その苦手な教科を補うための対策として、当時『チャレンジ進研ゼミ』というのがありまして







皆さん『赤ペン先生』ってご存じですか?







自分の分からない事や質問等を郵送すると数日後に返事が返ってくるという『あれ』です






それでひたすら勉強してた訳です。





しかし…、算数は苦手な教科なもんですから、一向に頭に入ってこない訳でございます。






「どうしたもんか…」と、小学生ながら悩みながら、テキストで勉強しても一向にらちがあかないという事で、唯一の頼みの綱である『赤ペン先生』に託したわけです






「どうか先生、算数が得意になるにはどうしたら良いですか?教えて下さい」と、『赤ペン先生』に質問したわけです






すると先生からこのようにお返事が届いたのです







「算数を好きになると、得意になりますよ♪」




…と







いや…、先生?と






算数を好きになれないからお聞きしたのですが?






…と、思ったのですが、自分は好きになれないから駄目なのか…と、愕然としたのを今でも覚えております







それらの経験を踏まえ






ようやく分かったことがあります






『好きになれないものは好きになる必要はない』という事です






好きになれなかったのは、恐らく自分の人生中で『必要ない』という事を潜在的に知っていたのだろうと






その理由に今現在までの日常生活で



ルートやタンジェント



サイン コサイン



底辺×高さ÷2



分子分母をひっくり返してなんやかんや…



etc…







いっちども使ったことなどございません






算数に限らず




『英語』『理科』『社会』もそうです




This is the pen!




はい。使ったことございません





鳴くようぐいす平安京!





はい。使ったことございません







雌しべ雄しべ 受粉 花粉…






はい。使ったことございません…








しかし、実際には建築士やプログラマーになられてる方などは現在の仕事に役に立ってるという事もあると思うのでそれは良いと思いますが









美容師の自分にとっては全く縁のない事ですので







今思えばそれが逆に良かったと思っております







下手に数学や英語が出来てたら、恐らくこの道には進んでなかっただろうな…と思うからです







こんな素敵な世界に身を置くことが出来ているのも、『赤ペン先生』に諦めさせられたからだと、今はそのように思っております







ありがとう『赤ペン先生』!












あれは無駄じゃなかったんだ!って






これでようやく胸の蟠りが取れたような気がします(笑







にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

後から考えてみたら良かったって事ありますよね♪
[ 2012/12/09 18:28 ] 頭の中 | TB(0) | CM(0)

ラーメン屋で勉強?!

僕は 最近外食する事が多い





その理由は




太りたいから(笑




…ってのもあるが






何かしら勉強になることがあるからだ






昨日も






某ラーメン屋に 仕事が終わってから食べに行ったのだが






そこのラーメン屋は






お客さまから聞いた評判ではイマイチな評価で






みんな口を揃えて





「美味しくない…」と言っていた(笑






しかし





僕は最近、そういうお店に行くのがとても面白くて






昨日もそれで行ってきた







で、食べたわけだ…










見た感じは悪くない






むしろ自分好みだった






一口すすった…





ズルズルっと





そして、餃子も食べた





パクパクっと





僕はこの日、新しい体験をしました









何個か餃子を食べて







「まだ餃子減らないの?」と思ったのは初めての体験で…






普通は




「もう無いの?」なのだが






まだあるの?と思わせるこの餃子!







これは凄い!





この餃子は発展途上国に喜ばれるぞ!…と、思った(笑








ラーメンも同様





「まだチャーシュー無くなんないの?」って







このラーメンも発展途上国に喜ばれる(笑








…と、まぁ






今回は、別にラーメン屋のレビューをしたい訳ではなく







自分の仕事のスタンスを見直す良いきっかけになると思って行ってきました





…が





今回のケースは特に異例で






10人中8人に聞いて 「まずい!」ってんだから





行かない理由がなかったの(笑







何故まずいんだろう?



何が原因なんだろう?



ラーメン屋の店主は何を思いながら作ったんだろう?





って






そうやって考えると




自分も




何を思いながらカットしてるんだろう?とかって考えたりして…









僕がラーメン屋の店主だったら








「お客さんに、また食べたい!って思われるラーメンを作りたい!」って…





んで?






美容師に置き換えたらどーなんだ?








「また切ってもらいた~い♪」か?









な~んかありきたり過ぎておもしぇぐねーなぁ…









どうせだったら








来ないと落ち着かないんです… って






あ…





こりゃ 駄目だな(笑








やっぱ








来るのが楽しみ過ぎて昨日一睡も出来ませんでした♪








これだね!(ニコ)









にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

あ な た の た め に か き ま し た ♪
[ 2012/11/04 18:52 ] 頭の中 | TB(0) | CM(0)

お見合いについての考察



今日







たまたまテレビを見ていたら







お見合いの番組がやっていたのですが









ちょっとひっかかる事があったんです








まあ








僕はお見合いしたことがないので







女性の気持ちも 男性の気持ちも分かりませんが








始めてお逢いするお相手に好印象を与えたいとは誰でもそのように思うとおもうのですが








髪を美容室でメイクアップとセットをしてもらい







綺麗な衣装を身に纏い






座り方も脚斜め45゜







そしてお相手の話は聞きに徹し






死 趣 結婚…の会話に気をつけると







お相手の男性は落ちやすくなる






…という事で







なんでも






カリスマ結婚仲介人という職業があるらしく







その方のアドバイス通りにして







お見合いに挑めば







男性も気に入り






交際に至りやすくなるそうで






実際、その通りにしたら







本当に相手の男性は交際を受け入れ







お互い相思相愛となった訳ですが…








まぁ…







番組として成立させるために





かなり大袈裟な演出も含まれてたとは思うのですが








仮に100歩譲ってそうだったとしても









見てて思ったのは







「なんか高校受験か、会社の面接みたいだな…」って思ったんですね







…っていうのも







その一瞬の出会いで一生を決めるという






まぁ、それをドラマチックと捉えられるのであれば別ですが







言ってみれば









それは刹那的な美しさな訳で








本来備わっている美しさとは程遠いんじゃないの?…って思ったんです







まあ 本来備わっている美しさ…ってのも抽象的ですが








んで、あれなんでしょ?







そのお見合い終わった後は







脚をがっばー拡げて





あぐらかいてビールとか飲むんでしょ?







で、お見合い前には月1で行ってた美容室は3ヶ月に一回とかになるんでしょ?







…って、そう思っちゃったんです(笑















僕個人的に思ったのは







本来の女性の美しさっていうのは









美容室に来ている回数に比例すると思ってるんです







…なんて書くと







「お前、いっぱい来させる為にそんな事書いたんだろ!」







…なんて聞こえてきそうですが(笑







違うんです(←何が?)







綺麗ってね 維持だと思うんです







一回や二回美容室に行って手に入れられる程手軽ではないのです








月1回の美容室でのヘアカラー メンテカット






自宅で美容室のシャンプートリートメント







この積み重ねだと思うんです








いや、確かに上を見ればきりがないですよ







ただ







僕も実際そのようなお客さまの方々に携わらせていただいて気付かせられたのですが








内面から上品なんです












下ネタも上品なの(笑









結局、美しさって






美しさを維持していこうという






維持していきたいという意思なんじゃないかと思います







そして、それは滲み出るものなんだと思ってます






なので






お見合いする方々は







その辺を気を付けて






挑んでみてください





…って





あれ?






なんか気付いたらお見合いの人のアドバイスになってるww







にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。


[ 2012/10/23 22:31 ] 頭の中 | TB(0) | CM(0)

コンプレックス = 個性



『若さ』が魅力なのではありません








『自分の強みを知っている』人が魅力的なのです
















…って







いきなり何?って思ったかもしれませんが








今回は人の魅力について書いてみたいと思います









ちょっと話は飛びますが…







皆さん 五所川原という所ご存じですか?







何となく聞いたことはあるとは思いますが








青森県にあるんですけど









五所川原市という所は







な~んにも無い…というと失礼ですが







ほんと、田舎で






観光客もほとんど来なくて







何の魅力も無い場所でした







ところが…









ある事をしてから









五所川原が注目のされるようになり








観光客が増えてきたそうです















そのあることってのが






『地吹雪体験ツアー』





…という






雪国に住む我々にとっては







「は?」








…な企画ですが















その企画の内容というのが








地吹雪の真っ只中に身を置き








積極的に地吹雪にさらされるという…








なんともストイックな企画ですが








それが雪の降らない地域の方々には大ウケだそうで









海外からも訪れるほどの人気なんだそうです








これ以外にも







まだまだアイディアがあるそうで







青森では五所川原市は注目株となってきているそうです















これを見ていて






「あ~、これは人もおんなじなのかも」って思いました








先程の五所川原は






ピンチをチャンスに変えた典型的な例ですが







自分で不利だと思ってる事って







意外と他人にとってはそこが魅力的に見える事ってあるんです







例えば






「私…、足が太くて、スカートはけないんです」






…っていう







いやいやいやいやいやいや








足が太いのが好きな人も沢山います(笑





他にも






「顔が大きいので 小顔に見えるように顔回り隠すようにカットして下さい…」






…ってよくありますが






男性が





「この女性顔大きいなぁ~」って見る人はほとんどいません(笑






友達と話してて






「○○○ちゃんてさ、顔大きいよな~」みたいた会話って







今まで一度もしたことはありません








あれは都市伝説みたいなもんです







他にも






「私、エラが張ってて…」






それもあなたの1つの魅力






足が太いのもあなたの魅力








…なんて言うと








「そんな…、自分に関係無いからって無責任な事言って」






と、思われるかもしれませんが






僕も昔は






他の男性よりも身体が細い事がコンプレックスだったのですが






美容師になってから






お客さまから






「あなたってスタイル良いわね~」





…と、言われて






自分としては コンプレックスな部分だったので





「ん?」だったのですが






その時から






自分が嫌だと思っている事も人から見たらよく見える事もあるんだと気付き







今ではそれを個性として捉えています








世間を見渡せば







自分の強みを知ってる人程





何故だか魅力的に見えるものです









これをご覧になってる方の中にも







自分でコンプレックスだと思っている事ありませんか?









多分、それは 自分が思っているよりも






他人から見たらどーってことない






寧ろ魅力的に見える為の要素の1つかもしれません







…ということで





お客さまの中で






ご自分から僕にコンプレックスを教えていてだけたら







ピンチをチャンスに変えられるかもしれませんので






自己申告お願いします







僕からお客さまのコンプレックスを掘り下げる事は出来ませんので(笑









にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

信頼関係の問題ですよね♪


[ 2012/10/21 14:10 ] 頭の中 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。