真面目に仕事してるのをアピールするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

押してダメなら引いてみる


ハッキリ言いましょう







巷に溢れてるヘアケア商品







美容師にとってはあまり良い印象ではないのは確かです







しかし





だからと言って






これらを『悪』とする事は出来ません












何故なら







これらが無ければ














これらの良さが分からないからです






分からないとは、つまり







比較する対象がないと







良いも 悪いも判断出来ないという事







市販のヘアケア商品があるお陰で






美容室で取り扱ってる商品の良さが引き立つ訳です






むしろ





市販のヘアケア商品には感謝している位です









前者が足し算の発想だとすれば






後者は引き算の発想






好みは人それぞれ






押してダメなら引いてみろ…じゃないですが







今まで押してきて イマイチしっくりきてない方々には







是非とも引いてもらいたいと願います








この流れは偶然ではなく






必然の結果







僕は その必然の結果に触れられた事に感謝しています










にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

ここは足し算

[ 2012/08/23 20:37 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)

アハ体験

今日ね








お店のフロアでボーッとしながら他のスタイリストの仕事を見てたら







あることに気付いたんです…








あるスタッフがね





「○○さん、ドSで洗ってきてー!!」




って、大声で言ってたんです。






まぁ、自分も普段のサロンワークで言ってるから 違和感はそこまでなかったんですけど







一瞬、「あれ?」ってなって





それ、お客さんが聞いたら





「え?私 どんだけドSに洗われるの?」って思うのかな~って(笑







おもっきり爪立てて




熱湯かけられて






え?私…もしかして、叩かれる?とかって勘違いされたりしてね(笑











実はね、今のお店





2種類のシャンプー&トリートメントを使い分けてて






Do - s 使うお客さまと




そうでない方とで使い分けさせていただいておりまして







それでそういう風な言い方になるんです







自分なんかも





普段、ハヤト君に





「ケンさん、あの方ドSで洗いますか?」とかって聴かれて





「う~ん…、だね!ドSでお願い」






とかってお客さまの前で普通に言ってましたからね(笑






僕らを知らないお客さまがそれ聞いたら…







ははは ウケる~ ww








今度もしかしたら







場末のぢぃぢが DO- Mシャンプーとかって発売したら







「○○さん、ドMで洗ってきてー」とかってなるのかな








ドSとドMが響き渡る美容室…






ははは






これはこれでおもろそーだ(笑








…って事で







明日もドSで洗います!







にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

ドS押し

[ 2012/07/30 13:28 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)

こんな世の中だから

巷では様々なシャンプーやトリートメントが売られております







ドラッグストアに売られている物もあれば






美容室で売ってるもの






今ではネットでも購入することが出来ますね






少し前までは







『美容室専用!』という謳い文句で販売しておきながら







ドラッグストアやネットで流出してるって事もあり






お客さま方にとっては「え?なんでここに売ってるの?」って








困惑した方もいらっしゃったと思います








でね…






そもそも、何故メーカー側は最初に『美容室専用』にしたのか?というとですね







「そんじょそこらのシャンプーと一緒にしないでね」っていう




メーカー側の意図も含まれてるとは思うんです












シャンプーとトリートメントの使い方を担当の美容師に聞いて下さいね♪っていう





そういう…






なんていうのかな






たかがシャンプーなんですけど







お手入れはとても大切なんですよ!って











そういう『美意識』をね 美容師と共有して








更に綺麗になっていきましょうね♪っていう









そういう風にしたかったと思うんですよ 多分








けど、今はどうです?







「別に、美容師とのコミュニケーション?どーでも良いし~」って






「物自体が良ければそれで良いでしょ?」って





ネットなんかで購入する方が増えてきてますし






ドラッグストアで買われてる方も多いですよね







それは別に悪いことではないと思うんですが







なんていうか…






そこにプラスアルファーの想いが入ってないと思うんです







分かります?







僕ね





いつだったっけなぁ~






一昨年かな?






クロスバイク買ったときね





ネットで買ったんですよ






でね






そのクロスバイク自体は凄く良い物なんですよ







けど、やっぱりね 乗ってると どっかしら壊れるんですね






で、壊れたから自転車屋さんに持ってくじゃないですか?






そうするとね





直してはくれるんです






直してはくれるんですけど







どっか冷たいっていうか…






「え?その、ハンドルちょっと曲がったの直す為だけに持ってきたの?」みたいな






まぁ、商売でしょうから 直してはくれるんですけど






「あぁ…、ここの 自転車屋さんで買ってれば、もっとこう…、色んな事とか教えてくれてたのかな~?」って





そこから始まる縁もあったのかな?って








まぁ、僕の勝手な妄想ですけどww








そういう






義理人情じゃないですけど(笑








今のこの世の中は






もしかすると、そういう昔ながらの考え方が大切になってくるんじゃないかとにらんでます(ギロ)








なので







これをご覧なってる方の中にも







いつも行ってる美容室で担当してもらってる美容師さんがいる方もいるし 決まってない方もいると思います














その担当の美容師さんも お客さまに嫌な思いさせる為にお薦めしてるって事は無いと思うんです






多分、全身全霊の想いを込めてお薦めしてると思うんです







ただね…






AとBの選択肢があって






そのメリットとデメリットを比較した上でお薦めするのと





Bという選択肢があるにも関わらず、Aしか知らないでそれをゴリ押しするのとでは雲泥の差があるし






それはハッキリと間違ってるって言えます






そこを踏まえてさえいれば





それが別にDo - s じゃなくても





ケラスターゼでも良いでしょうし




ミルボンでも良いかもしれません






けどね、大切なのって






どれだけそのお客さまに本気で喜んでもらいたいって思ってるかどうかだと思うんです







中には何も考えずに売れたら良いでしょ…って方もいるかも分からないけど







それでも







自分は、美容師の数だけ真実があるって信じてます







だから、誰が間違ってて 誰が正解ってないんじゃない?って個人的には思ってて







お客さまと美容師の好みが一致したらそれが正解ってだけの話で








自分の場合ですけど






僕はいつも買いに行ってるお店の方々には






心、明け渡し状態(笑








確かにそれは考え方に共感出来たからの話ですけどね









…と、まぁ







長くなってしまいましたが








何を信じていいのか分からない世の中で






その都度、良い悪いってのがコロコロ変わったりする世の中ですけど









お客さまを迷わす事なく、信じてついて来ていただけるいただけるような





僕はそんな美容師に…






なりつつある!!(笑






END









にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

4位になりつつある…(笑






[ 2012/07/26 21:23 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)

危うく取っ組み合い?!

今のお店はスタッフが6人いて





6人みんながスタイリストで





一人一人が自分の考えをしっかり持っていて




とても頼もしい




そして







自分の担当してるお客さまがかぶっても





アシストしてくれるのがスタイリストなので





安心なのだ







そして





今のお店は





決まった方針というのが無く





例えば




店販のシャンプーにしても





様々な商品を置いていて





自分の考えと お客さまの考えの合致した商品をお薦めする事が出来るので




非常に柔軟な対応が出来るのだ





が…



しかし まぁ




自分としては





お客さまにお薦めしているシャンプー&トリートメントは





ほぼ90%の確率で Do - s をお薦めさせていただいています






これは 自分が使ってみて良かったという体験から基づいた確信と



施術中に使った時の抜群の使用感の良さ





お客さまがお買い上げ下さって 家でお使いになられて

良かったと言って


実際にリピートしてくれているという事実から





自分の中では 特別な事がない限り Do - s をお薦めさせていただいているのですが




実は昨日





こんな事があったんです…




ちょうど 担当しているお客さまがかぶってしまって





他のスタッフに縮毛矯正のアイロンを任せた時に




お客さまがシャンプーを買いたいと アイロンしているスタッフに言ったそうなんです(←自分はこの時点では知らない)





そしたら




なんでも自分の頭皮の匂いが気になるから




頭皮の匂いのしなくなるシャンプーが欲しいと相談したらしく





スタッフは 自分ならDo - s を薦めるであろう事は知っていたのだろうが





あえて




店にあるシャンプーを一式セット面に並べ



どの匂いが好きかを選ばせ




順位をつけてもらい




一位にイオのシャンプーを選び



Do - s を3位に選んだようなのだ




そして




お客さまは イオのシャンプーの匂いが気に入ったらしく(←因みにメンズのお客さま)




もう、買う気満々


…な所に




自分が他のお客さまの施術を終え


こちらのお客さまのカットに戻ってきて





さぁ、カットするぞ!ってなって前を見ると






セット面にずらっとシャンプーが…





ん?




これ何?と




…で、説明を一通り聴いて





お客さまはイオのシャンプーが良いって言ってるけど




担当者のあなたはどう思いますか?って聴かれて…








僕も 「はい、分かりました」って …







流れに逆らえませんでした(笑





いくら自分の指名のお客さまでも




この空気からDo - s に変更はとてもじゃないけど出来ませんでした






最初話を聴いた時は 正直 イラっときて




「なんでこの髪質にそれ薦める?」って




危うく、そのスタッフと取っ組み合いするとこでしたけど(笑





あとから冷静になって考えたら






お客さまも気に入ってたようだし




スタッフも親切に一生懸命 説明してくれてたようので








これは感謝すべき事なんだな…って 反省しましたね





だって


一人でやってる美容室だったら こんな経験出来ませんからね





6人いれば 6通りの考えがあって当然だし


だからこそ そこから新しいアイディアが生まれるし




切磋琢磨出来るんだよなぁーって








自分も本気でお客さまと向き合ってるのと同じくらい



スタッフも本気で向き合ってくれたんだなって思えば






それだけみんな真剣なんだなって思いました。







めでたしめでたし♪









にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

いつも ありがとうございます!
[ 2012/05/20 20:53 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)

初心忘れべからず

僕は



お客さまのシャンプーをする時





あることに気を付けてるんです











何かっていうと





「お湯加減大丈夫ですか?」



「力加減大丈夫ですか?」



「失礼します(←首持ち上げるとき)」



「流したりないとこ御座いませんか?」




とか…






こういう声かけって お店によってマニュアルって決まってると思うんですけど







僕はあまり聞かないようにしてるんです










…っていうのも





前の店でそうだったんですけど




「シャンプー中でもお客さまにいらっしゃいませを言いなさい!」って言われてて





他のスタッフなんかはシャンプー中に お客さまの顔の上で




「いらっしゃーせー」とかって平気でやってたんです(笑






いやいやいやと…





そりゃ違うだろと…






「うるさくない?」って




お客さまがシャンプー中に




うとうと~ってしてるときに






「しゃーせー」



…って大声で






ねぇ?






八百屋か?って












僕は完っ全に無視してましたけどね そのマニュアル











僕だけそれやってないと浮いちゃって




言われるんです…



「活気が出るからやりなさい!」




「お店に活気を出しなさい!」って










いや、他で盛り上げよう…って当時から思ってたなぁ












今?







今はそういうことはしませんね







やるって言えば


新規のお客さまには好みのお湯加減とか



好みの力加減とかは 最初は聞かなきゃわかりませんから




そういう最低限の事は聞きますけど



大体 最初のシャンプーで 一通り聞けば




「あ、このお客さまはここと ここ気を付けなきゃな!」とかって…












次のご来店時には最低限の事以外は聞かないようには気を付けております




…ってか、あんま喋りかけないようにしてます





まぁ、お客さまから喋ってこられる場合は合わせて喋りますけどね♪












明日からどんなシャンプーしてあげよ?








にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

どうなったかな?
[ 2012/05/16 08:40 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。