真面目に仕事してるのをアピールするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

綺麗を哲学する

引き続き昨日の『美欲』について書いていきたいと思
いますが









その前に、皆さんにちょっと質問したい事があるんですがよろしいですか?







「私、実は美容院に、行くのメッチャ嫌だ!!っていう方、挙手お願いします。」














はい、ゼロ。







では






「私、実はお肌の手入れもメイクも何もかも興味ありません!!って方、挙手お願いします」













はい、ゼロ。









「私、服はインドの人みたいに布さえまとえればそれで良いの!お洒落に全く興味ありません!って方挙手お願いします」
















はい、一人…。








では、これをご覧になってる方々の中には









若干、1名を抜かしまして大きな『美欲』があるという事なので









続きを書いていきたいと思います








『何故、身だしなみを整える事を苦痛に感じるのか?』






考えられる要素を少し挙げていきますと



・誰も自分を見ていないから


・別に誰にも会わないから(育児休暇中など)


・結婚したから


・諦めたから


・仕事の関係で






…などが挙がります







確かにお客さまとお話しておりますと




「それは仕方ないですよね…」というケースがいくつかあるんですが





それは、育児休暇中とか仕事上の関係でとか






中には子育てしながらもバッチリメイクしてるお母さんもいらっしゃいますが







そこについてはあまり触れないようにしてたと思うんです




『個人の自由でしょ』みたいな感じで





その人が良ければそれで良し…的な






しかし、僕はどうも引っ掛かって仕方なかったんです





何故、結婚した途端に『美容』に関心が無くなる方と





いつまでたっても貪欲に『美容』を追求する方と





何処そこに差つくのか?






それは果たして個人差という言葉で片付けて良いものなのか?と






…で、行き着いたのが昨日の話で出た『美欲』なんですが







女性は生まれながらにして『美欲』を持っていて







それに気付いてるかいてないかの問題だという事







綺麗になるという事は







別に綺麗にしなければ逮捕されるわけでもないし






誰に強要されるものでもなくて







本来は、内側からの欲求が沸いてくるというのが理想的







食欲と同じですよね







自然とお腹が空く…みたいな










別に綺麗になる理由が、モテたいとか、ちやほやされたいとか






かっこいい男性をGETするためにとか






それは各々自由でいいと思うんです






そうすることによってモチベーションがアップするのであれば






しかし






その目標を失った途端、何処に向かって良いのか分からなくなってしまうケースが実際にあるという事なんです







「あれ?私、結婚もして子供三人もいて 50も過ぎたのになんでこんな一生懸命化粧してるのかしら…」





とか






「別に誰に会うわけでもないのになんでこんな一生懸命髪型整えてんだろ…」






って







しかし、そこを押し殺しながら





見て見ぬふりをして





「いや、これは仕方の無い事!」と






そこをあまり深くは考えず






その疑問に蓋をして





綺麗にすることを義務的に置き換えてしまうパターン







そう…






『義務的に綺麗になる事』





これが問題なんでございます








ちょっと話は脱線しますが






皆さんにスナフキンってご存じですか?












そう、ムーミンに出てくるあのスナフキンです







このアニメ、実は哲学の教科書になってるほど深いアニメなんですが






スナフキンはこんな名言を言っているんです







ムーミン「ねえスナフキン、義務ってどういう事」











スナフキン「したくないことをすることさ」








…と






さらっと良いこと言っちゃうんですねスナフキンは








そう、スナフキンの言うように、義務ってなんだか苦しいニュアンスを含んでますよね?







話を戻しますが







今回のテーマとして、『綺麗になる事』の原動力として






『美欲』が突き動かすのが自然な流れだとすると







それを義務的にしてしまう事によって







『綺麗になる事が億劫になってしまう』んだと思うんでございますが







ここまでOKですか?







では






明日その内容をもう少し深く潜ってみたいと思います













にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

お休みでも押していただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
[ 2013/02/25 09:41 ] 頭の中 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。