真面目に仕事してるのをアピールするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美容師あるある



例えば…







美容室でよくあるオーダーの例として






お客さま「長さは変えないで~、軽くして下さい!」




って





で、それを掘り下げてって その追求してるデザインを写真で照らし合わせると…











このようなスタイルに辿り着くんです








「そうそう!これこれ!」ってね








はい。






それは決して悪いことではございません








どのようなデザインにするかはお客さまの自由ですので








そこは尊重させていただきます








…が、しかし!








そのまま





「はい~!かしこまりやした~」ってね







スキバサミを握りしめてね








ガッツガツ鋤いてね








ハイレイヤー入れて クビレさしたとこでね









お喜びになられるかって言うと…








答えはNOの場合が多いです









大概、お客さまがお帰りになられるまでは喜んで下さるんですが








問題はその後です。







自分ではスッキリしたと思って






例えば職場に行って







「おっはよー!」って元気よく行くじゃないですか





そしたら





「あ、おはようございます。」…って








それで、終わるんです








で、あれ?って









あのぉ…、私髪切ったんだけど…









心の中で思ってても そんなこと言えません







周りの人は沢山すいた髪を褒めるのではなく








流行に合った髪やその人に合った髪を褒めることをその人は知らず









次第にフラストレーションがたまっていき








「どうせ私なんか…、ふん!」ってなり







自暴自棄に陥ってヘアケア放棄((笑






まぁ、これはあるお客さまからこっそり聴いたエピソードなので、皆様に当てはまるかは分かりませんが








思い当たる節 ある方いらっしゃるのではないでしょうか?









沢山髪をスク事=可愛くなる=間違いであり







必要な厚さを残す=艶感=可愛くなる=正解なのではないかと思います









…まぁ、しかし







その時代時代で正解と間違いは変わると思うので








これが絶対って訳ではないですが









参考になれば良いなと思います♪










にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

どんな色が好き?







スポンサーサイト
[ 2012/09/27 20:37 ] 無題 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。