真面目に仕事してるのをアピールするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

選択の自由


髪型というのは






特別 職場や学校の規則が厳しくない限りは






ある程度は自由である






しかし…






自由過ぎるが故





(これは…?)




自分が望んでいる方向と逆を行ってしまうケースが多々あります






例えば






「もっと綺麗になりたい…」という衝動が強くあるのだが







自分で何をしたら良いのか分からず






取り合えず カット(削ぎ)を沢山入れれば綺麗になれると思い込み





「もっと薄くしてください…」とオーダーして



(↑他の美容師さんのをお借りしましたw)


オーダーされた美容師は





心の中で






「本当は逆なのに…」 と、心の中で思いながらも






お客さまに嫌われたくないからという理由で





しぶしぶその要求を受け入れるというケースも珍しくありません





それは他でもない





自分がそうでした(笑
(今は止めますよ)





他にも





もっと綺麗になりたいからと





次から次とテレビのCMで流れているシャンプーやトリートメントを







これでもかというぐらい髪につけ






綺麗になるどころか






全く逆効果になってしまっているケースも少なくありません







それほど『自由』というのは諸刃の剣なのです






そして僕は






『自由』と『綺麗』は決して比例しないと思っていて






自由な髪をしたからといって綺麗になれる訳ではないと思いますし






規則があるから綺麗になれない訳ではないとも思ってます







色々と その自由と制約の中で






迷い





失敗して





そこから本当に自分らしさが見えてくるというのは実際にあると思います








しかし






人に与えられている時間は皆 平等なので








わざわざ分かりきった失敗をせずとも






最初からシンプルに決めていれば






時間を無駄にすることなく





嫌な思いをしないで済むという考えもあるので







そこは人それぞれの考え方次第なので





強要しませんが







多分





ほとんどの美容師さん達は





お客さまには遠回りしてほしくないと思ってると思いますし





どんぴしゃで喜んで貰いたいと思ってると思うので






各々の担当の美容師さんと






今後の方向性などを






リタッチしてるときにでも喋ってみたら如何でしょう?








因みに僕は





最近お客さまの提案で意識してるのは





『simple is best』です♪







にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

シンプルに押す
スポンサーサイト
[ 2012/08/19 21:22 ] 無題 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。