真面目に仕事してるのをアピールするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

必然の出会い

世の中には ステップというのがあります





そう、ホップ、ステップ、ジャンプ!の ステップね






例えば




小学生の頃って算数習うじゃないですか?




それにも順序があって



最初は






数を数えれるようになり





足し算を習い






引き算を習い…っていうね






なんでもそうだとおもうんですけど






そこを通らなければ気付かない事






その経験があったからこそ 今があるという事ってあると思うんです













皆さんは




こんな経験はありませんか?




男性特に心当たりあると思うんですけど





小学生とか中学生の頃にはいていた 運動靴





もしかしたら 最初の頃から ナイキ とか アディダスなんかの有名ブランドの運動靴を買ってもらってた人もいるかも分かりませんが






僕なんかもそうですが



大概の人 無メーカーのクツだったのではないでしょうか?








「あれ?アディダスって4本線だったっけ?」









…みたいなのをはいてました(笑










こういう靴をはいてから




本物のナイキやアディダスのクツをはいたときの違いっておっきくて



僕が小学6年生の時




初めてナイキの靴を買ってもらった時


「え?!こんなに軽くて履き心地良いの?」って驚いたのを今でも覚えています







これ、実は シャンプーにも当てはまるんです






大概の人は



物心ついたときから市販のシャンプーを使ってると思うんです




なもんだから




その髪の手触りが当たり前になってて








別にそれが嫌とか不満に思ってる訳じゃないと思うんですよ










(こっからが重要)





市販のシャンプーを使うとこからスタートしたからこそ





do - s シャントリの良さが分かるんですね






むしろ 市販のシャンプーを使わなければならなかったんです






使わなければならなかったってのはちょっと大袈裟か…( ̄▽ ̄;)





市販のシャンプーを使ってきたからこそ感動の幅が広がるって言った方が的確かな?







さっきの話で例えると






無メーカーの靴をはいてきたからこそ



ナイキの靴の軽さがわかるんであって




最初からナイキはいてても



あんまり感動ってないでしょ?




それと似てるんです





削ぎ落とせるとこまで削ぎ落として





最小限必要な部分だけを残すっていう発想







もしかしたら



このシャンプー作ったドSさんのお子さんやお孫さんは



生まれたときからテクナールシャンプーとか自分の作ったシャンプーを使わせてるから




その髪の手触りが当たり前になってるから 特に感動ってないんでしょうね…きっと




逆に 市販のシャンプー使ったら別な意味でびっくりするかもしれませんがね(笑)






なので


今現在 市販のシャンプーをお使いの方はある意味とてもラッキーだと思います。









しかしまぁ



なんだかんだ言っても






全ての出来事は必然で



ベストのタイミングで出会うようになってると思ってるんで







僕はそのベストなタイミングで出会ったその人達に全力を注いでいきます♪








にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

3位になりそう?
スポンサーサイト
[ 2012/05/06 11:17 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。