真面目に仕事してるのをアピールするブログです。
月別アーカイブ  [ 2013年01月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

削ぎ落とすという事

今日、cutの予約が入ったのですが





オーダーが「長谷川京子さんの感じのベリーショートで」



というご要望でした






(素敵ですね)





テクニック的には癖毛のお客さまなので全体的にレザーでcutしていこうと考えておりますが





それよりも…








最近、お客さまの髪をcutさせていただく上でですね










改めて大切だと思いながら切らせていただいてる事がございまして






それは何かと申しますと…






技術とか





経験とか





センスとか





覚悟とか






自信とか






絶対的なマニュアルとか






必要なものは沢山あるかもしれませんが







それらを否定する訳ではございませんが









私の場合でお話させていただきますと








その必要とされてきた小手先のテクニックを『削ぎ落とす事』だと最近気付いてきておりまして







それら全て不要…とまではいきませんが








最近cutしていて気付いたのです






変にテクニックにこだわって切るよりも






目の前のお客さまが喜んでる顔を想像しながら切ってる時の方が






仕上げの時のお客さまのリアクションが良いことに






「わぁ~スッキリしたぁ~♪」





「わぁ~可愛ぃ~♪」





…というように






それが何故なのかは分かりません







分かりませんが、実際そうなのだから仕方ありません








これからも正しい努力は続けていくつもりです







続けてはいきますが、これから大切にしていきたいことは







どちらかというと






『上手い美容師』を、目指すよりも






『美味い美容師』でありたいと思う今日この頃でございます





あ、『美味い』と言いますのは






食べる方ではなくてですね






『テクニック』で魅せる上手いではなく







『感じる』体験としての美味いという事での意味でございます









その辺を意識してご予約のお客さまを『ハセキョー風』に切っていきたいと思います










にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

ここ、テクニック要らず
スポンサーサイト
[ 2013/01/10 19:53 ] カット | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。