真面目に仕事してるのをアピールするブログです。
月別アーカイブ  [ 2012年02月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美容師はみんな仲間

不確定性原理(ふかくていせいげんり、 独: Unschärferelation 英: Uncertainty principle)



…っていう 難しい言葉があるんですけど




これってどういう事かっていうと


ある2つの ものの組み合わせにおいては、測定値にばらつきを持たせずに2つの物理量を測定することはできない、という理論なんだそうです





例えば


小学校の頃 理科の実験でビーカーのお湯の温度調べる授業あったじゃないですか




その時 ビーカーに温度計ぶっ指して


「55℃です!」とかって 鼻水滴ながら言ってましたけど




実はそれ、本当の温度じゃないんだそうなんです




何故かって言うと



温度計そのものの温度と ビーカーのお湯の温度とで誤差があるために

計ろうとすると温度の誤差が生じるため

厳密にお湯そのものの温度を計るってことは不可能っていう事なんだそうです





「じゃあ、鍋の中に直接温度計いれて計れば誤差出ないんじゃないの?」

…とかっていう質問とかは無しでお願いします(笑



僕もそこまで詳しくないんで…





いやね



そんな難しい話出して何が言いたいのかっていうとですね





この世に『絶対』ってのは存在しないんですよ!ってことを伝えたいんですよね



その伝えたい事の1つとして…





例えば自分がAさんとBさんの二人の美容師さんのどちらかに髪を切ってもらうってなったとき




Aさんという美容師は、美容業界で常に第一線で活躍している方で、芸能人も顧客にもっているカリスマ系







Bさんという美容師は 美容歴30年で地域密着の美容室で勤務してて、幅広い年齢層のお客さまを担当してるとしましょう







さて


どちらに切ってもらいたい?

っていうのと


どちらが上手いでしょうか?




…って比べるときに



Aさん Bさん 同時に一人のお客さんの髪は切れないので



お互いの技術を同時に競うことはまず 無理なんですよ








日にちをずらしてカットするってなっても



お互い同じ条件下でやるって無理なんですよ






Aさんが先にカットした後にBさんがカットっていったって



同じ条件でのカットではないから それも不可能なんですよね




つまり

AさんとBさんの二人を比べることって出来ないんですよね




技術そのものの競争って不可能なんですよね




美容学校時代とかに友達と




ウィッグにオールパーパス巻くスピードを競ったりしてましたが



我々の相手は 目の前のお客さまなので




またそれとは違うんですよね





美容師どうし技術を高め合うのはとっても素敵な事だと思います





これからは




せっかく同じ美容師という仲間なので競争するのではなく



仲間と共に『共創』していけたら良いなと思ってます。





にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

いつもありがとうね♪
スポンサーサイト
[ 2012/02/22 23:24 ] 頭の中 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。