真面目に仕事してるのをアピールするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8年弱かぁ…

今のお店に勤めて8年弱




最初の頃は




お客さまの中には、ご自分で染めてる方も沢山いらっしゃいました








それが







少しずつ少しずつ






草の根運動で







サロンカラーの魅力を伝えてきました








その結果が







何となく







before











少しずつ










after








それが例え『リタッチ』だとしても








それは大きな成果だと思ってます










にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

こちらも草の根運動
スポンサーサイト
[ 2013/03/01 22:04 ] カラー | TB(0) | CM(0)

神頼みのカラー

今日のお客さま







少し急いでいたもので、before写真はございません








今回のミッション







『ブリーチでリタッチ + ウィッグに色を合わせる』







というミッションでございます…、はい。







皆さんご存じたと思いますが






今、巷ではハーフウィッグなるものが存在しておりまして(半分だけのウィッグ、「パチン」って留めるタイプ)









それに色を合わせるという







美容師の方なら分かってくださると思いますが







これがなかなか難しいのです








確かに、もう既に仕上がりが成功していて、この記事を書いておりますので




「私にかかればちょちょいのちょいですよ!」







…と、言っておきたいところなのですが








この作業ばかりはいつもハラハラします









さて…







今回、どのような感じだったかといいますと














これは、既にリタッチを終えて2ndカラーを被せている所です






実は、この時が一番ハラハラしています








15分放置して流しに行きます






流す際、お客さまに







「ちゃんと良い色が出るように祈っておいて下さい」と







とんでもないお願いをしながらの…









after

























今回、『神頼み』が通じたのか







成功しました(笑








(左が地毛で右がウィッグです)








とにかく喜んでいただけて良かったです










いつもありがとうございます。







にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

こちらも神頼み
[ 2013/01/30 21:08 ] カラー | TB(0) | CM(0)

たかが美容師のグラデーションカラー

最近、お客さまからの要望に





『グラデーションカラー』のオーダーがちょこちょこ出てきましたので







「なんなの?それ」




という方や





「どんな感じにやってんの?」





という方に向けて






ちょっとやってみました







今回のモデルは












カラーしていないワンレンボブ







①これを、最初10レベルに染めていきます






(撮影者:ヤマダ)














②20分放置







それをシャンプーしてきます





















はい、濡れているため全く変化が分かりません(笑








そして、これを







③毛先からブリーチしていきます














今回、特に気を付けたことは





『ブリーチ部とカラー毛との境目』をバツっとつけないようにすることです






それはそれで1つのデザインだとは思いますが





今回はどちらかというと『ナチュラル系』でやっていきます







もう一度流します






















若干の変化はつきましたが





まだパンチが足りません





しかし、これはこれで職場でのヘアスタイルの規制が厳しい所なんかではギリギリセーフだと思います






今回はもう少しパンチを効かせてみたいと思います







もう一度











少しずつ丁寧にブリーチを塗布していきます








それをもう一度流します


















はい。






このぐらいあればOKですね






境目も綺麗にグラデーション出来ました








で、最後






④10レベルのピンクをのせていきます






20分放置して








流して
















after
















ナチュラルの中にパンチのあるヘアスタイルを表現することが出来ました









特にオススメするヘアスタイルは





重めのボブの方や あまりレイヤー(段)の入っていないロングの方なんかは印象が軽やかになるのでオススメです








しかし、デメリットもございます!





【デメリットについて】




やはり、ブリーチを使用しますので毛先は若干ダメージを受けます







ですので、気になる方は『ハナヘナ』でケアしてあげても良いと思いす







※Do - Sシャンプーをお使いの方は、その日からしっかりシャンプーして下さい(その方が逆に色持ちが良いです)






後、毛先に入れるカラーの退色(色が抜ける現象)するスピードについてですが







淡い色はとても綺麗なのですが






退色のスピードが早いですので、やや濃いめの色をチョイスなさることをオススメします(^ー^)








以上






たかが美容師のグラデーションカラーでした♪








にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

インパクトをつけたいですね
[ 2013/01/29 19:58 ] カラー | TB(0) | CM(1)

仁義ある戦い

過去に私は





仁義なき戦い(←click)をしました。






それはそれは壮絶な戦いでした…(←個人的に)







今日はその時戦ったお蔭で







シンプルに『リタッチ』でございます









before









そうです…、『8N』でリタッチです。










after









今回は前回の施術と違い、至ってシンプルな施術となりました






私の意見としましては





大切なお客さまを『持ち込みカラーサロン』に行かせたくないという思いは確かにあります







しかし、それをこちら側が強要する事は出来ません







そこはお客さまの都合もあるでしょうし、判断はお任せする他ありません







だからこそ、今回『リタッチ』でご来店していただけた事がとても嬉しかったのです









仁義『ある』戦いが出来て良かったです







心から感謝します







いつもありがとうございます







にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

お年玉まだまだ受付中!!
[ 2013/01/08 18:48 ] カラー | TB(0) | CM(0)

意識すべき事

『仕事のスピード』は早ければ良いという訳ではないという事は重々承知です



逆もまた然りで





遅い事が『丁寧』とも思ってはおりません







出来もしないのにカットを『3分』でやろうとしたって






無理なものは無理ですし






カットに『4時間』というのもまた現実的ではありません








それがもし、カットを『3分』で切らなければ銃殺するぞ!と、言われればなんとかして切るとは思いますが








銃殺されない限り『出来る限り』無駄を省いた作業を心がけていきたいと思っております









before








我々は牛丼屋ではないので『早さ』を競ってる訳ではございません






しかし、無駄な作業を徹底的に減らす事は意識しておりますので















それでも『1時間40分』は、最低かかってしまいます






それが良いとか悪いとかの話ではなく







お客さまが『心地よく』いられる時間を常に意識することが






大切だと私は思っておりますが






たまーに、昼時にご来店されるお客さまが






「あ、スギモトさん、お昼ご飯食べたくって急いでやってるでしょー」





…と、言われた事がありますが







急に急いだりするとそういうことを言われかねないので








やはり普段から『プロフェッショナル』たるべき者















このぐらい意識しておく事と肝に命じておきます









にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

何やら忙しいですな…
[ 2012/12/13 21:40 ] カラー | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。