真面目に仕事してるのをアピールするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『たかが美容師』からの警告

市販のシャンプートリートメントをお使いになってらっしゃる方についてよくネガティブな記事を目にすることがありますが





それにつきまして私の意見としましては





全く構わないどころか







それらは個人の自由ですので私からサロンの商品を強要するということは一切いたしておりません









しかし、最近ご注意していただきたい事が出てきました








ここで書く内容は、縁あって関わらせていただいてる大切な皆さま方に





『失敗』していただきたくない




『嫌われてほしくない 』




むしろ『多くの人に愛されてもらいたい』という思いで




注意していただきたいことを挙げさせていきたいと思います






そして、それにたいしての行動プランをご提案させていただきたいと思います








何についての注意かと申しますと






【匂いについて】なんでございます






恐らく、普段お使いのシャンプー&トリートメント





気に入ってお使いのものもあれば






妥協してお使いになってる物もあると思います





それはそれで構わないのですが






ただ、気を付けていただきたいのがこの『匂い』なのでございます






今、市販で販売されているシャンプーやボディーソープ、柔軟剤や洗剤…







皆さんお気付きでしょうか?








それぞれ『個性』の強い匂いを放っております





有名どころで言いますと






ダウニーやパンテーン、ラックス、ツバキ、エッセンシャル、レノアハピネスetc…





今や、それぞれの会社は売上の競争を行っておりまして




どれだけ『インパクト』のある匂いを放てるか?に各社とも意識が向いております






中には『擦る』と匂いが変わるという柔軟剤まで出てきました







それらそれぞれ『単体』で匂いをかむと、非常にいい匂いなのですが







それが合わさった時…






非常に頭の痛くなる匂いになる場合がございます






ネットや雑誌には





『この柔軟剤をつけてる女子(男子)がモテる!』






…などのように書かれていましたが





そのせいなのでしょうか?





皆さんこんな経験はないでしょうか?








街を歩いていて(特に秋田の場合はイオンや映画館)人とすれ違ったとき







「げっ!頭の痛い匂い…、これ香水の匂い?柔軟剤?何?やだー」





という経験





それが香水なのかシャンプーの匂いなのか柔軟剤の匂いなのかは分かりませんが





匂いのある商品をつけすぎるあまり






好意を抱いてもらおうとした行動が






逆に相手に不快な思いをされたらそれこそ本末転倒






縁あって関わらせていただいてるお客さまにはそのような側には回っていただきたくないという思いがございます






【そうならない為に出来る事】






とてもシンプルです





『匂いのある物を2つ以上付けない事』






例えば





市販のシャンプートリートメントをお使いになってる場合






それだけで十分匂いが強い(個性的)です





ご自分では気付いていらっしゃらない場合が多いのですが





私は人とすれ違うだけでなんのシャンプーか当てられます






それほど今のシャンプートリートメントの匂いは強いです





本当にそのシャンプーの匂いが気に入ってらっしゃる場合はそれで勝負して頂いても構わないと思われます







柔軟剤や洗剤も然り








現在お使いの香水がお気に入りの場合も







柔軟剤には十分お気をつけください





今や柔軟剤も第二の香水という位置づけです





匂いの喧嘩になる場合がございますのでくれぐれも慎重にお選びなる事をお勧め致します









今現在、私が関わらせていただいてるお客さまにお使いいただいてる物で





・DO - Sシャンプーをお使いの方の場合

・DO - Sトリートメント

・ACL

・ハナヘナ

・DO - Sスタイリング剤




…がございますが




最初は『デメリット』として捉えられていた無臭が




たまたまの偶然なのか





今や『メリット』に変わりつつあります





この場合




匂いがほぼございません




全くの『無臭』とまではいきませんが





匂いはほぼございませんので






何か1つ匂いのある物を付けられても良いかと思われます







それでも





「私はそんなこざかしい匂いなんかで勝負なんかしないわ!私は私自身からでるフェロモンで勝負するの(はーと)」





…という方の場合はそれはそれでで全然構いません。







…という事でですね






今の世の中『個性』のある物で溢れかえっております





それを上手く使いこなすには





プラスの発想よりも







意外と『引き算』の方が上手くいったりするように思われます







どうか皆さんには『愛される』側になっていただきたい




そういう思いで書かせていただきました







参考になれば幸いです






いつもありがとうございます。








にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

ここ押すとフェロモンUP
スポンサーサイト
[ 2013/01/20 15:12 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)

気になる『あれ』

今日は『スタイリング剤』のご紹介させていただきます






最近、気に入って使っているスタイリング剤があるのですが






それは今までにないスタイリング剤でして





最初に言っておきますが、恐らく『これ』嫌いな人は嫌いだと思います






大嫌い…とまではいかないにしても、好きになれない方もいらっしゃるでしょう







それは何故かと言いますと






『容器』に可愛げがないのです






大概のスタイリング剤は容器が可愛くて、会社に持っていくと




「え?ちょっとぉー ユミ?なにそれー、可愛くない? まじ超カワぃーんだけどー」





…と、新しいスタイリング剤なんかを持っていったりすると大概、誰かしら食いつくものです







しかし







『あれ』はそうはいきません







昼休みのトイレで使おうものなら





「え…?ちょっと? ユミ…? なにそのボトル~! 超~怪しいーんですけどー 」





…と、怪しがられる事でしょうし






バックにそのまま入れようものなら





スタイリング剤がだだ漏れになる恐れがありますので






①スタイリング剤に容器の可愛さを求めている方


②携帯して持ち歩きたい方





上記2つに該当される方に関してはお薦め出来ません





いや、出来ませんというよりお薦めしません。







という事で






本格的なスタイリング剤を求めていらっしゃる方のみ
にしかお薦め出来ません








そして『これ』はパーマスタイルの方には特に威力を発揮します







ですので、誰にでも合うわけではありませんので






購入する際は、担当のスタイリストとよく相談してお買い求めください









因みに、今日『あれ』で仕上げてみました



















①仕上がりが非常に軽い



②油を使わず糊と水で作られているので、シャンプーで取れやすい


③艶が出る


④匂いが少ない


⑤手がベタベタしない




大体このようなメリットがございます





特に、こちらのお客さまのように髪質がつぶれやすい方の場合に効果を発揮します









そして、その気になる『あれ』がこちらです














いかがでしょう?





徹底的に無駄を削ぎ落としたデザイン






これ以上削ぎ落とす所を見つけることの方が難しいデザイン






『内容勝負』のスタイリング剤







何故プロが使いたくなるのか?一度お使いになるとお分かりいただけると思います







今日は以上です、ありがとうございました。









にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

siren night
[ 2012/12/25 21:05 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)

既にあるものを活かす

人はよく『無いもの』に意識が向きがちです





例えば





「背が足りない、もっと背が高ければ良かったのに…」




「私の髪は癖毛で、ストレートで生まれたかった」




「私は高卒だから、大学行っておけば良かった」




「私はスポーツが苦手だから、得意になりたい」





…と、このように





俗にいう『無い物ねだり』というやつです







確かにそのお陰で我々の仕事は成り立っておりますので、有り難いと言えば有り難いのですが







しかし、既に持っている『それ』を見ずに





絶対に手に入らない『あれ』を欲しがり続けるというのは自分も経験がありますが、なんとも苦しいものです






癖毛の人はいくら頑張っても『直毛』にはなりませんし







白髪の方がいくら『きなこ』を食べたとしても黒髪にはなりません







無いものを『補う』努力をするよりも







既にあるものを『活かして』過ごす方が 心地よかったりする場合もあると思います








実はそれ、ヘアケア商品も一緒だと私は思っておりまして






髪の場合に関して言うわせていただきますと









それは、『キューティクル』を活かすということに繋がります









皆さん『キューティクル』をご存知でしょうか?






美容師の方なら当然知っておられると思いますが











髪の表面に鱗状になって覆われている『あれ』の事です。







巷ではよく「髪が痛んだ」と言って直ぐにそれを『治そうと』し





元々ある『キューティクル』に更に輪をかけて擬似的にコーティングする傾向がありますが







それははたして必要なのでしょうか?と






実際、『キューティクル』は髪の扱い方次第で綺麗に整うもなので、そこまでして髪を擬似的なコーティング剤で覆う必要は無いのです









実は






今やこれだけ『科学』が進歩している現在でも





『キューティクル』は作れないのでございます






それほど貴重なものが既に皆さんの髪には既にあるのにも関わらず





『灯台もと暗し…』





遠くの方に目がいってしまうのが現状でございます







ということで






その既に皆さんの髪にある『キューティクル』を生かしましょうという事で、今や多くの方々にお使いいただいてるのが











こちらなんでございます。







実は、こちらの商品を開発された秀彦氏は中卒だという事で、この前ご本人から教えていただいたのですが







ご自分で『中卒』だということに引け目を感じるどころか





寧ろ、その事を『活かして』





「俺様は人より早く社会に出て成功するんじゃ!」というスタンスで現在まで努力してこられ









この 商品開発にまで漕ぎ着けたそうです







まさにこのシャンプーの『コンセプト』と一致しております






それらの事を踏まえまして






『既にあるものを活かす』のか






『無いものを探し続ける』のかは





皆様にご判断をお任せ致しますが







私はそこまで無責任な事はしません








「良いものは教えてあげなさいね」と子供の頃に教わったので






「これ良いですよ」と素直に教えたいと思います。










にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

ここは擬似的にでも補いたもう…
[ 2012/12/14 22:32 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)

戦争と宗教とDO - S

世の中には、分かりあえない事が数多くございます





その中でも『政治』と『宗教』は代表的な項目だと思います。





代表的な例を出しますと


『ベトナム戦争』や『冷戦』『島原の乱』(日本で初の宗教戦争)なんかもそうですね。




確かに、様々な要因はあるにしても実際に戦争が起こり、多くの人の命が失われた事には代わりありません。





『宗教』に関してもそうではないでしょうか?




私は宗教を否定も肯定もいたしませんが





実際に双方の信仰の相違によって 人と人がお互い傷つけあうという話もよくテレビやニュースで取り上げられているのを目にします






まだまだこの他にも世の中には分かりあえない項目はあると思いますが





もう1つ分かりあえない事がございます





その1つに『笑い』も含まれていると私は思っております





こればかりは、「みんなで一緒に笑いましょう!」とはいきません




「何故、あなたはこれを見て面白いと思わなかったのですか?」と言われても





「面白くなかったから笑わなかっただけです」と言われればそれでおしまいです。




このやり取り、実はお恥ずかしい話ではございますが今勤めさせていただいているお店では日常茶飯事でして





例えば










これを共に働いているスタッフに見せても全く笑わないばかりか、「何処がおもしろいの?」と返してくる有り様です。




「いやだからこれはね、奥さんが夜の営み四回戦突入と共に入場してくる様が…」と




笑いを説明する程つまらない事はありません




今思えば僕も大人気なかったと思います




スタッフの両肩を鷲掴みにして「なんでこれを見て笑わないんだよ!」と、半ば一心不乱に笑いを強要していました。





しかし、最近になって改めて気付いたのです





この世の中には 絶対に分かりあえない事があるのだという事に






ドリフや出川さんのようにアクションで誘う『足し算』の笑いでないと笑えない人もいらっしゃれば






松本人志さんやバカリズムさんのような裏を突くような『引き算』の笑いでないと笑えない人もいらっしゃるということ







勿論、どちらが正しいということもありませんし比べられるものでもありません






それはもう生まれもった個性や環境によって培われた『感覚』によって無意識に識別されるものなので





強要するのは容易ではありません






しかし…






この、生まれてながらに持っている強要する事が容易ではない『感覚』をコントロールする方法があるのです





それが





『洗脳』と呼ばれるものなのです。





聞き慣れない方も多いと思いますが






『洗脳』にも色々と種類がごさいますが






実は、我々の日常生活の中にもそれは潜んでいます






皆さんもご経験ないでしょうか?





テレビやCMを見ていて、その出ている物が無性に食べたくなったりすること





心当たりございませんか?






それは既に『洗脳』されています。






…と言っても、そこまで怖がる必要はありませんのでご安心下さい






テレビのCMで流れているような物は一時的な効果にしか過ぎません





言わば『きっかけ』作りなのです






しかし、この『プチ洗脳』も 学校や職場で話題になった途端、爆発的な効果をもたらします





「あのCMのシャンプーさぁ~」と、クラスで人気のある子が話題にした途端





それを一人窓際でたたずんでいる女子が耳にしたら




「へぇ~、恵美ちゃんも話題にするぐらいのシャンプーなんだぁ~」となり





その子はこっそり下校中にマツキヨで買うのです





昨日の話ではありませんが





『普通』と呼ばれているシャンプーは




『リーズナブルな価格』×『話題性』×『プチ洗脳』





この繰り返しなのです







『普通』に売られているシャンプーやトリートメントで売り上げを上げている物は





『匂い』『出演女優』『ボトル』これらが定期的に変わっています





ということはつまり…?





賢い皆さんならもうお気付きかと思いますが





『内容』で売るというのが難しいという事です。






常に、熱々のおでんを口に含んでリアクションをとる笑いと





常に人のコメントの裏を突いて静かにとる笑い…





この笑いの違い、お分かりなりますか?






次から次に髪に重ねてコーティングするヘアケア法(足し算)と





次から次に髪に重なっているコーティングをはがすヘアケア法(引き算)…





この2つ、共通する部分があると思うのですが、これはこじつけでしょうか?







偶然かどうかは分かりませんが






うちのスタッフのリアクションの笑いを好む派はコッテリのシリコン派






偶然にも、天井からタライが落ちる類いの笑いがツボだったりするんです






だから、その派にこれを見せても










「何処が面白いの?」と




「カウントダウンTVってなに?なんでお婆ちゃんがギターを持ってるの?」と、そのようになってしまいます




そして、何故笑わないのかを見せたスタッフに聞いたら




「分かりやすさがない」との事で





シャンプー&トリートメントの考え方とつぢつまが合っていて妙に納得したのを覚えています






世の中には分かりあえない事があることがあるということを理解しなければならないのですが






『洗脳』によって植え付けられた概念を覆すためには






『実際に使っていただいて知る』






これしかないと思っています





笑いに関しても、自分とは真逆の笑いの分野





私の場合だと『志村けん』さんと直接お逢いすれば 、もしかしたら笑えるかもしれないというのと同じですね








場末の美容師 秀彦さんが作った『内容』で売るシャンプーと







大手大企業が勢力を上げて作った『お求め易さ』で売るシャンプー






どちらを選ぶかはお客さま次第ですが





今書いた内容、『私が』洗脳させたかどうかはお客さまが実際にお試しになられてからご判断下さいませ






にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

こちら、共感していただいた方のみで結構でございます。
[ 2012/11/29 18:47 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)

DO - S 注意事項

例のシャンプーをお店で販売するようになってから約1年が経ちます






お陰さまで、『使い心地が良い』という事で販売当初から今でもリピートして使っていただいている方が沢山いらっしゃる事に心から感謝いたしております








世の中には、星の数ほどのシャンプー&トリートメントが存在しています






その星の数ほどある中から『あの』シャンプーを使っているということは






もし、あなた様が『あの』シャンプーを今現在使っているのであれば





大変失礼な言い方かもしれませんが






恐らく、普通ではありません






ここで言う普通ではないというのは、あなたが宇宙人だとかエイリアンだ、と言っているのではございません






『普通』というのは


【ごくありふれたものであること。】





そうです




ごくありふれている物をご使用になっているという方を普通と定義さるならば





『あれ』をご使用になられているということは普通ではないのです






『あれ』はごくありふれておりません





ごくありふれたものというのは





ドラッグストアに行けば沢山あります







しかも





何処の美容室でも購入出来るわけではございませんので






そういった意味で






あなた様は 『マニアック』もしくは『普通ではない人』というカテゴリーに入ってしまいます






もし、これを見て





「えーー!私、普通じゃないの?えー!どーしよー!」






…と、なったのであればただちにご使用を控え、ボトルごと抹消することを強くお薦め致します







何故なら






あなたのご自宅の浴室に『あの』シャンプー&トリートメントのボトルがあるということは



「DO S…?ドぅ…えす? どえす?…ドS~?!



その時点で普通ではないという事になり






他人から変な目で見られかねませんので







なので、普通が良いのであれば ドラッグストアや楽天で販売してあるシャンプー&トリートメントをご購入するのが、よろしいかと思います







ここでもう1つ言わせていただけるのであれば






『あの』シャンプー&トリートメントを開発した方、及びそれに携わった方のお話を聞かせていただいた限り





その方々は明らかに普通の方々ではありませんでした







誤解を恐れずに言わせていただけば






そう、『常識はずれ』でした。






勿論、犯罪者だとか法を犯しているとか暴力団だとかそういった意味での常識はずれではございません







多くの人達と、見る視点がまるっきり違うというのを感じたのです









見る視点、考えている事が普通の人と違うというのが一体どういう事なのかを少し説明しますと







例えばこちら












この写真に一言添えるとしたらどんな台詞があいますか?と質問したら





普通の人なら




『グルグル目がまわる~』とか



『竜巻旋風脚!』とか




まぁ、普通の人はそういった感じの答えだと思うんです








しかし、視点が違う人に答えさせると…










…と、このようになり



「言われてみれば確かにそう見える~!」となるのです





もう1つ例を出しますと









これ、皆さんだったらどんな台詞を入れますか?










これも、視点を変えると…













…と、このように会心の一撃を出せるのです









つまり何を伝えたいかと申しますと







言われてみれば確かにそうかも…という







『あの』シャンプーは普通の裏を突いたのです







『普通』の反対語をご存知でしょうか?







そう…、『特別』です






『普通』と『特別』







変わっている物や人を多くの人は特別と言います







それは良い意味でも使いますし 悪い意味にも使います






皆様にはそういったことを踏まえましてお選びになっていただきたいと思います。










そして




既にお使いになってる方々





特別な世界には馴れましたでしょうか?







最初は特別だった感触が、今では『普通』の感触となったと思いますが





もし、そのように感じたのであれば




以前、あなた様が『普通』だと思って使用していたシャンプーがありましたら、それをもう一度お使いになってみて下さい







そうしますと…






自分は『特別』だったのか…、ということを思い出せると思います






にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

ここを押すも押さないもあなた様次第でございます
[ 2012/11/28 20:54 ] シャンプー | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。